スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てきました!!

またまたトコです。

見てきました!ホタル

風も無く、蒸し暑くホタル観察には好条件
伝書鳩も早く帰ってきたので、これは行くしかないでしょう!

ということで
ご飯を食べてからイイ感じに暗くなるのを待ち、娘と3人で
8時半ころいつも行くホタルスポットに出かけました。

いるいる~
川の形にそって、50匹以上ものたくさんのホタルが飛んでいます。
一匹外れてスイ~っと飛んでいくもの
何匹かで同調して光るグループや
草の根元のあたりで光って、これからの出番を待つもの

見ていて飽きません(^^)

しばらく楽しく眺め、帰ろうとして車に戻ると
1匹のホタルが私達のところまで飛んできて
お見送りをしてくれました。
スポンサーサイト

ほたる祭 

トコです。

昨日、お知らせした「ほたる祭」に行ってきました!

2時頃、伝書鳩&娘そして私の3人で出発です(^^)/
場所は、4月に「さくら花火」を開催した余目公園を背に
しばらく山に向かって走ったところでした。
ちょっと行っただけで、いかにもホタルが生息していそうな雰囲気になりトトロが出てきそうな山が見えてきました。
CIMG0905.jpg

そして、その向かいに会場となる自然観察公園がありました。
内小友市民協働自然観察公園

なぜか奥に、お馬さんが^^
お馬さん

私達が着いたころ、会場ではホタルの勉強会が行われていました。

間もなく、勉強会が終わり残月花火の時間です!
最初、赤、青、オレンジなどの色の違う5発の煙柳が打ち揚がりました。(この時期に昼花火が見れると思っていなかったのでラッキー!)
が、どうも風向きがうまくないということで花火師さんの移動開始です!?
あっという間に風上側に移動し残月花火大会の開始です!
CIMG0908.jpg

残月花火

合計5発の残月花火が打ち揚がり、風向きと、残月の流れる先を見ながら移動をはじめます。
1個目は田んぼの中に落ちてしまい、長ぐつをはいたおじさんがGet!
CIMG0911.jpg

2個目、3個目と争奪戦が始まり
4個目は杉林の中に入ってしまい行方不明~
5個目は公園後ろまで流され、これまたどこかのおじさんがGet!
CIMG0912.jpg

伝書鳩も頑張ったようでしたが、残念な結果に終わってしまいました。
娘はというと、昨年11月の残月花火大会での経験をふまえ
「残月の難しさを知っているから、おいらはやらないよ」と
最初から戦意ゼロのご様子(--)

なにはともあれ、参加されていた皆さんは楽しそうでした!

夜には「ほたる創造花火」があったのですが、
私達は昼花火を満喫し、これにて退散ドロ~ン(忍者風)ということで帰路についたのでした~

暗闇で光るもの好き!?

トコです。

我が家では、数年前から毎年6月になるとホタルを見に行くのが恒例の行事になっています。
私達が住んでいるところは、まだまだ田舎で車で数分行っただけで
ホタルが生息できるほど水がキレイな場所が点々とあります。

最初は子供に見せたくて行っていたのですが
フワフワしながら光る幻想的な光に親のほうもスッカリ魅せられてしまい
年々近場のホタルスポットを開拓しています。

ホタルの光には不思議な魅力があり、
時間が経つのを忘れてズ~ッと見ていたくなってしまいます。
癒されます~(^^)

ホタルといえば、昨日の地元紙に
大仙市の内小友市民協働自然観察公園(今春できたばかりだそうです)で
「ほたる祭」というのが明日24日に開催されるという記事が載っていました。
いろんな催しがあるなかで私がオーッと思ったのは
3時からの落下傘付きの残月花火大会と
同日7時から余目公園で打ち揚げられる「ほたる創造花火」!!

なんか楽しそうですね~



花火もホタルも好きな私・・・

ど~も、暗闇で光るものが好きみたいです☆

おとなの花火

トコです。

観てきました!!


まさしく!
お・と・な の花火でした

ムフッ(^m^)

第5回男鹿日本海花火

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
 _, ._
(;゚ Д゚)



キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!


つ・ついにっ、第5回男鹿日本海花火の概要がアップされました!!

みどころ
今宵、男鹿マリンパークは、野外コンサート会場へと変化します。
耳になじんだ名曲の数々が、真夏の夜の夢を奏でます。長きにわたって愛されたメロディーは光の星となって、五線譜の音譜のように踊りだします。心地よい音響と、花火の色彩、第5回男鹿日本海花火はコンサートの夕べです。

などと書かれています!!

男鹿日本海花火応援団員の伝書鳩としては、もう鳥肌モノですっ!!


詳しくはこちらから↓
http://www.oganavi.com/hanabi/

大曲の花火って

ちわっす、伝書鳩です。
さてさて、今年の大曲まであと2ヶ月余りとなりました。ので、
ワタクシと大曲の花火について書いてみたいと思います。

【大曲の花火との出会い】
確か20代前半の頃だったと思いますが、何となくプラッと出掛け、
大曲大橋の姫神公園側のたもとに車を止めて観覧した記憶があります。
この日は雨降りでしたし、帰りも現在のようには渋滞しませんでしたね。

【裏道街道】
やがて数年後、毒・・もとい、妻と付き合うようになり、パーク姫神や
スポーツセンターのある付近の路上から観る年が数年続きました。
打ち上げ現場までは1km以上あったかも知れませんが、
大会提供のVトラなどに歓声を上げ、結構満足して観ていました。

その後、結婚したり子供が生まれたりして、行けない年を数年過ごし、
復活してからは、興○建設さん(43番)に車を停め数年観覧しました。
ここの駐車場は、県外ナンバーの車が前日夜の開門に並ぶほどの
盛況で、テントを張ったりバーベキューをしたり2泊する人などなど
かなりにぎわっていましたね。この頃にひろ氏・3匹氏と出会います。

確か第76回大会でしたか、激しい雷雨の中、まるで何かの修行をしているように
田んぼの中に座って開始を待っていると、妻が「もうこんな思いしてまで
花火なんか見なくたっていい!!」←モロ方言で
と超特大割物をブチ上げ、どこかにいなくなってしまったのでした。

2年後の第78回大会は、確か10年に1度あるかないかの南東の風で、
昼花火・夜花火も煙待ちもなくスッキリ見え、そしてまさにこの時、
ラストの尺玉早打ちを観て、衝撃的・大大大感動したのでした。
「何て素晴らしい花火なんだろう!」「真ん中はお父さん、両サイドは息子さん
が作ったのだろうか?」「しかも曲とばっちりマッチしているし」などなど
考えながら、家に帰ってからもビデオで何度も、それこそ何十回も観ては
感動して涙ぐんだりしたのでした。(花火って泣けるんだ~)

【裏から表へ】
この年の尺玉早打ちが、私達夫婦の花火観覧の原点です。ここから、足繁く
花火観覧に出歩くようになり、花火鑑賞士の資格を取ったり、
毎日のようにビデオ・DVDを観たりする日々が続き、現在に至っています。

花火を観るようになって、先輩達や多くの愛好家・関係者の皆さんとお話
するようになりました。本当に貴重な体験が多く、大変お世話になっています。

さてさて、第81回大会はどんな想いで当日を迎えるのでしょうか。
待ち遠しい日々が始まりますね!!


けんちゃまのブログパーツのモロパクリで、私達夫婦の愛してやまない
第78回大曲の尺玉早打ちの動画です。(^^;

楢岡さなぶり酒花火

ちわっす、伝書鳩です。
昨夜は仕事を終え、疲れて家に帰るやいなや

伝書鳩 「今から楢岡の酒花火さ行くど!!」
嫁&娘 「え~っ、今から何分後に出発すんの?」

伝書鳩 「今から10秒後!!」

嫁&娘 「・・・・_| ̄|○ _| ̄|○」

ということで、着のみ着のまま午後6時頃に3人で自宅を出発。(´ー`)
県道~国道105号~県道をひた走り、小1時間で南外運動広場に
到着しました。

途中の車窓から撮った彩雲
彩雲



巨大ピラミッドのような南外体育館が、夕日にキレイなシルエットを
作っています。
シルエット

続きを読む

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

プロフィール

Author:でんしょ&トコ(どっちも花火鑑賞士でした)

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。