スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山内いものこまつり花火大会2009

噴水方向


伝書鳩です。


実りの秋もいよいよ深まって来ましたね^^全国的にも秋の行楽シーズンでシルバーウィーク真っ最中ですが、昨日21日は横手市山内の鶴ヶ池で行われた第21回花火大会(いものこまつりin鶴ヶ池)に、私とトコで観覧に出掛けました。




ゆるっと自宅を出発し、順調に山内土渕へ~。いものこまつり会場周辺では例年どおり日中から各種イベントや歌謡ショーが行われていたためか結構な人出で、駐車場はどこもほぼ満車状態でしたね。



どうにか駐車して徒歩で会場入りします。ここ鶴ヶ池周辺は撮影(観覧)場所が限られているため、結局昨年と同じ場所に陣取りました^^



私たちの座った場所の近くには隣県からの愛好家の方々もいらしており、やぁやぁ久しぶりですと話に花が咲きます。ここでしかお会いできない方もいらっしゃいますし、打ち揚げ前のしばしのご挨拶は楽しい貴重な時間ですね^^



そんじゃあとプラっと出店方向へ出陣しました。まずここに来たら恒例!の本場のいぶりガッコやぶどうなどなどを購入~。そしてこれまた定番!のいものこ汁を味わいました。味噌仕立てのいものこ汁には孫芋がゴロっと3個、舞茸やセリ・鶏肉なども入っていて、今年もとてもウマーイ^^


いものこ汁



いよいよ18:30になり、開始号砲雷に続いて特大スターマインで打ち揚げ開始!!
打ち揚げご担当は例年どおり、小松煙火工業さん・新田煙火店さん・大久保煙火製造所さんの3社さんです。


今年のプログラムは33番まででした。割物は4号~10号、そして至近距離からBGM付きのスターマインが交互に打ち揚げられます。風向きも風の強さもよく、機材のレンズの結露もなくて、素晴らしい観覧状況でしたね^^


ここは打ち揚げ場所が湖畔や水上・そして道路を挟んだスキー場と各方向なので、なかなか気が抜けません。大葉入り牡丹や千輪、芯入銀菊などが咲き、湖面にもその素晴しい彩りが映し出されました。また大玉割物も、八重芯や三重芯・四重芯・そしてなんと五重芯(!)がゆっくりと咲き誇り、深い周囲の山々を轟音がとどろき渡りました。


超多重芯の他にも、残輪や時間差発光などなど、いったいここはどこの競技大会ですか?状態の本当にハイレベルな花火大会でしたね~。


恒例の鶴ヶ池を舞台とした水中花火ショーナイヤガラも圧巻!!今年は水中花火もあり、意表をついた華麗な花火が湖面を焦がすたびに、観客の皆さんから拍手と大歓声が沸き起こりました^^



名残惜しくも、20:00前には打ち止め号砲雷~。あ~おわちゃった・・・。




余韻に浸りながらサクッと撤収して駐車場へ。周辺の道路はやや渋滞していたものの、国道に出るとやがて流れ出しました。そして早めの自宅現着となりました。



スポンサーの皆さま、大会関係者の方々、花火師さん、昨夜も素晴しい花火をありがとうございました!ご挨拶いただいた皆さんも、またどこかの現場でお会いしましょう^^



【動画は上から順に、下記のとおりとなっています】
  ①ミニ水中花火ショー(新田煙火店さん)
  ②7号2連10号1発 (大久保煙火製造所さん)
  ③10号5連発    (小松煙火工業さん)
  ④水中花火ショー  (小松煙火工業さん)










スポンサーサイト

浅舞八幡神社祭典花火2009

伝書鳩です。


昨夜は久しぶりに、横手市平鹿町浅舞で開催された浅舞八幡神社祭典花火を観に出掛けて来ました^^


浅舞のお祭りは、これまで毎年9月14日15日で固定でしたが、今年は19日20日の土日開催となったようです。14日だと増田の花火や神岡南外花火もあり、その他にも秋田県南地域では各地で秋のお祭りラッシュで、ここ最近は浅舞の花火はなかなか観れなかったのですが、今年はラッキーでした。


ちなちに浅舞には私の母の実家があるので、私的にも物心ついた頃からここの花火は観ています。



そんな訳で、平鹿公民館裏の田んぼの中に陣取っているうち、20:45から打ち揚げは始まりました。ご担当は地元の老舗・秋南火工さんです。


3寸~8寸の割物とスターマインが交互に、澄み切った秋の夜空に広がりました。発色もキレイでしたし、田んぼしかない保安距離ギリギリの場所で観覧したので、音といい迫力満点でとても見応えのある花火でしたね^^


この不況にもかかわらず、数多くのスポンサーさんがご協賛なさったようでした。


小1時間で打ち揚げは終わり、その後撤収しながら旧役場前へ行ってみると、そこは数多くの若者で賑わっていました。栄町の飾り山も静かに待機していましたね。そんじゃあ帰るかと、から揚げなんかをほおばり、プラプラと歩いて車まで移動~。道路の渋滞もあっと言う間に解消。


いよいよ明日の日中は、澄み切った秋晴れのもと、全町内の飾り山が勇壮かつにぎやかに各町内を誇らしげに練り歩くことでしょう。ご興味のある方はぜひ浅舞へ足を運んでみて下さい!




第30回神岡南外花火大会

トコです。

第30回神岡南外花火大会に伝書鳩と娘、そして私の3人で行ってきました!
ほのぼのまったりとした雰囲気の中でなにげにハイレベルな花火が観れるこの花火大会、娘を筆頭に我が家でとてもお気に入りの大会です^^

今年は30回ということでスペシャルな企画もあるようでお楽しみ感が高まります!
思えば今年は大曲の日程が8月22日と、とても早かったために神岡南外までの期間が長くて9月14日を迎えるまでそのツラカッタこと(・ω・;)

さてさて
当日は私的にとても忙しい1日で、夕方の到着になってしまったのですが、先に到着されていた愛好家の方達に温かく迎えていただき、最後まで楽しく過すことができました


花火の開始前には地元の婦人会の方達がフラダンスでおもてなし

そして、いよいよ楽しみにしていた花火大会の始まりです。プログラムは36番まで!!

今年の進行役はいつもの「さいとうさん」からNEW「さいとうさん」にバトンタッチしたようで最初は緊張が伝わってくるようでしたがプログラムが進むにつれて滑らかなトークで会場を沸かせてくれました。
やっぱりここの花火大会はこうでなくちゃね


開幕の華やかな花雷スターマインで幕を開けた花火大会は「商売繁盛 豊年満作 家内安全 交通安全」の願いのもと地元の北日本花火興業さまと和火屋さまの素晴しい技が嶽山をバックに冴え渡ります!!

次々とハイレベルな花火が続くなか30回大会を記念したプログラム
「第30回記念 協賛花火(5号7号30連発)」が北日本花火興業さまと和火屋さまの提供で打ち揚げられます!
割物が30発も揚がるってんだからテンションも高くなります!
しかも流れてきた曲が「大いなる秋田」から、第4楽章の「秋田県民歌」
(ちなみに大曲の10号早打ちで流れるのは第3楽章で歌われる部分)

若い人はあまりお馴染みでないかもしれませんが秋田県民としては何て嬉しいチョイス!
思いっきり歌いながら楽しい気持ちで観ていました^^
娘が「これ、毎年やればいいのにね」と言っていました。私も同感!!





その後も数々のスターマインに7号10連や8号5連など和火や千輪、華キキョウや錦先方向変化と両社お得意の技をふんだんに魅せてくれます。

途中、恥ずかしそうに「大曲の花火」で内閣を受賞した「アフロボーイ」が地元の皆さんに凱旋あいさつをしていました いつ観てもステキなあいつです


毎年のことながら、大会も後半になってくると寂しい気持ちが押寄せてきます。
ですが、そんな私の気持ちとは裏腹にプログラムはどんどん進んでいくのです。


プログラム31番、宮原組さま提供の「ジャンボ超特大創造花火」
和火屋さんが腕を奮ってくれます。

アップテンポな「あの鐘を鳴らすのはあなた」に載せ、イントロにバッチリ合ったトラが勢ぞろいで魅せてくれます。花火が進むにつれ以前テレビで見た和火屋さんご夫婦が深夜までかかって80回の大曲の大会提供を組んでいらっしゃった様子を思い出し、この花火もそうやって出来たのかなと想像したら胸がいっぱいになってきました。
後半の色とりどりの牡丹や千輪の連打は本当に美しく圧巻でした!!

歌の中に「あなたには さわやかな希望の匂いがする」という歌詞があり、花火を観ながら私もそんなふうでありたいな~と前向きな気持ちになりました。



終わった後の会場は大声援と拍手でしばらく大盛り上がりでした!!


プログラム35番の超特大スターマインでは、いきなりザラ星が4色に変化し上空でも4色に変化する星が現れ美しく幻想的な雰囲気をかもし出します。
これは先日、諏訪湖で開催された「全国新作花火競技大会」で披露されていたようでしたね。
大曲のアフロボーイの下の部分でも活躍していました^^
空の色が一瞬でみるみる変化していくのが美しく印象的なスターマインでした


そしていよいよ最後のプログラム36番の「超特大花火ファンタジアスペシャル」が始まります!!
もちろん東北醤油さまの提供!「味どうらく」と「かくし味」はウチでも使ってますよ

曲はサラブライトマンの「A Question of Honour」

始まりは今年の男鹿でも登場した5基の「火輪」が美しい模様を描きだし、それが水面に映り観客の皆さんを驚かせたかと思うと上空に緑の連星が放たれ、ゆったりとした時間が流れます。

それからはクロセットの扇が炸裂し、スピード感あふれる展開がもう凄すぎて呆然と口を空いて観ているしか出来ませんでした。



途中、たくさんの笑顔が夜空に現れた時は花火師さんの想いが伝わってくるようでした。

そういえば今年も数々の花火たちからどれだけの感動と元気をいただいてきたか
いろいろな想いが交錯して涙が止まりませんでした。


最後まで大迫力のまま今年のファンタジアスペシャルは幕を閉じました。
会場一斉に大拍手!本当に夢のような素敵なひとときでした
今回、改めて花火のパワーを感じました。



感動をいただいたお礼といってはなんですが、今日は「味どうらく」を買ってきました。
ちょうど前のがなくなったところだったしね^^


大会終了後は撮影隊の皆さんも集まってきてにこやかに撤収。
感動を口々に語りながら、それぞれの帰途につきました。


不況の中、今年もこれだけの素晴しい花火を魅せてくれた神岡南外地域の皆さん、花火師さん達、本当に本当にありがとうございました
そしてお疲れ様でした

「大曲の花火」誕生100年記念事業!!

トコです。


今朝の地元紙に来年の「大曲の花火」誕生100年記念事業の概要が載っていました。
さきがけonTheWebから見ることが出来ます^^


これから、さらに詳細を詰めていくそうですが、紙面にはこのような事も記載されていましたよ!

・大仙市と美郷町の5業者が打ち揚げを担当!

・伝統的な丸く開く割物花火で100年の花火の進化を紹介!

・大曲の花火で有名な創造花火などを披露!

・夜花火を前に昼花火や球場内で楽しめる関連イベントも計画中!

・前日17日は大曲市民会館で記念フォーラムを開く!



こりゃ~来年もえらいこっちゃな夏になりそうですな~




「大曲の花火」から2週間…

トコです。

感動の「大曲の花火」からちょうど2週間目の昨日、ちょいと用事がありまして娘と県庁所在地方向へ出掛けてまいりました。

途中2人とも小腹が空いてきたので「道の駅かみおか」で休憩がてら神岡の銘菓「俵あげまん」(白あん)をバラで購入^^
娘が「これも食べてみたい!」というので「神岡あいすきゃんでー」というのも買ってみました。


神岡あいすきゃんでー

もう我慢できなくなって2人とも「俵あげまん」は食べちゃったので写真はなし
昔なつかしく柔らか~い、その名の通りの揚げまんじゅうで美味しくいただきました
娘も私もお気に入りの「俵あげまん」、お近くにいらした際はゼヒご賞味あ~れ~

「神岡あいすきゃんでー」も「しあわせ手づくり」と書いてあるだけあってさっぱりとしたミルクの味がひろがりとっても美味しかった!と娘が言っていました^^
(とてもグルメレポーターにはなれないボキャブラリーの少ない私達…)


さてさて、用事を済ませた帰りみち


やっぱりね~

寄っちゃいますよね~

あ・の・ば・しょ


「大曲の花火」から2週間…


もうお分かりですよね

「大曲の花火」の観覧会場

ちょうどお日様が沈んだ直後で綺麗な夕焼けがひろがっていました


2週間前はこんなに人がたくさんいたのに
(暗くてよくわかりませんが)

第83回「大曲の花火」の日の夕焼け


よく見ると夕日が沈む場所も少し移動してますね


皆さんに夢を見せてくれた桟敷の足場も片付けられていました

片付けられた桟敷の足場

C桟敷の板はこれから撤収のようですね

金谷橋方向

この場所が人で埋め尽くされていたなんて嘘のような静けさです。

姫神橋方向


いつも思うのですが「大曲の花火」の日は大曲が大曲じゃなく、どこか知らないところのような感じがします。(娘もそう思うそうです。)

ここは毎年8月第4土曜日、いろいろな想いを抱いたたくさんの人たちが集い、夢を観る特別な場所なんですよね^^



何事もなく、来年もこの場所で幸せな時間を過すことができますように
とちょっぴりおセンチな気分になりながら帰路についた私達でした。

プロフィール

でんしょ&トコ(どっちも花火鑑賞士でした)

Author:でんしょ&トコ(どっちも花火鑑賞士でした)

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。