スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大曲の花火」のTV番組

トコです。


9月24日(土)13:30~14:25 AKT秋田テレビにて

ダイドードリンコスペシャル 「彩光の技を継ぐ ~全国花火競技大会 大曲の花火~」(仮)


秋田ローカルな番組だと思われますが、要チェックですね!



ローカルついでにもう一つ

毎年9月の中頃、BSプレミアムで生中継した「大曲の花火」の番組を受賞作品中心に再構成し、
特番としてNHK秋田放送局で放映しています。

今年の放送日時はまだ発表されていませんが、わかり次第にお知らせしたいと思います^^
スポンサーサイト

第85回全国花火競技大会「大曲の花火」仕掛け編

大曲の花火2011 


またまたトコです。

「大曲の花火」は競技だけではなく合間にはいる「仕掛け花火」もお楽しみの一つですよね^^

昨年の100年記念大会から2社のスポンサー様を抱き合わせワイドに、そして、より豪華な「仕掛け花火」となり私たちを楽しませてくれるようになりました!!



まずは、「株式会社 タカヤナギ」さまと「おはよう納豆本舗 株式会社 ヤマダフーズ」さま提供のスペシャルスターマインです。
途中で現れる可愛い型物花火は「納豆娘のなっちゃん」なのか、はたまたタカヤナギで優雅に買い物をする奥様なのか!?

動画はココをポチ



次は、「東北電力株式会社」さまと「東日本旅客鉄道株式会社 秋田支社」さま提供のスペシャルスターマインです。
AKB48の曲に合わせて華やかに盛り上げてくれたスターマインでした^^

動画はココをポチっとな




こ~れは盛り上がりました!「JA全農あきた」さまと「みちのくコカ・コーラボトリング株式会社」さま提供の「大玉7号100連発&特大ワイドスターマイン」です。
北島サブちゃんの「祭」をBGMにガンガン割物花火が打ち揚がりました

祭りだ祭りだポチっとな


そして今年から始まった前年度の内閣総理大臣賞受賞者による
特別プログラム「愛と勇気と安らぎを」 山煙火製造所さま


山煙火独特の青を基調とした落ち着いた中にも凛とした雰囲気の素晴らしいワイドスターマイン。震災からの復興を願う力強さも感じました。

動画はココをポチーっとな



いよいよ大会提供花火の時間です。

「奥州曙光」悠久なる黄金の祈り 

千年の昔、栄華を極めた平泉の黄金文化、華やかな宴や曲水の宴の様子が前半見事に花火で再現されました。後半では恒久平和を願い魂が解き放たれる様がまばゆいばかりの光で表現され、そして黄金の光を放つ金色堂が現れました。まるで、その時代にタイムスリップしたようなひと時。私的に見ていて心地よい気持ちになった荘厳な大会提供花火でした。





名残惜しい気持ちの中県南エンタープライズさま提供の「10号割物30連 大スターマイン」では「いざないの街」を熱唱♪





ラストのエール交換では花火師さん達に感謝を込めて後悔しないくらいブンブンとライトを振ってきました。





は~~~
今年の「大曲の花火」も終わってしまいました。
でも、新たなカウントダウンが始まります^^
また来年の「大曲の花火」に向けて頑張っていかないと!!

今年も素晴らしい花火を見せてくれた全ての花火師さん達に心から感謝!
安全に運営をしてくれた全てのスタッフの皆さん、翌日に大量のゴミと戦ってくれたボランティアスタッフの皆さんにも御礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。最高の花火大会でした!

 

第85回全国花火競技大会「大曲の花火」競技編

大曲の花火2011 筒場


トコです。

27日に開催されました第85回全国花火競技大会「大曲の花火」に行ってきましたー
気合効果かどうかはわかりませんが、雨の心配0%の晴天の下70万人もの人達が最高技術の花火に酔いしれました。


新たな100年を開始する今年の大会テーマは「元気な日本」
1日も早い復興を願い18000発の花火が打ち揚がりました。



さらに、岩手県から被災された方達やボランティアスタッフの方達をバスでご招待する事業もすすめられ今朝の地元紙に「花火から元気をもらった。」「色鮮やかな花火に癒され、穏やかな気持ちになった。」「迫力ある花火の音一つ一つが心に響き、これまでの苦労を忘れることができた。明日からまた新たな気持ちで活動していきたい。」など喜びの声が載っていました。


この事業には多くの花火鑑賞士の皆さんもご協力されました。
とても尊い活動だったことと思います。本当にお疲れ様でした!!



さてさて、ここからはトコ的目線の勝手な感想を交えながらの創造花火の部の順位を紹介していきたいと思います!!

栄えある最優秀賞「内閣総理大臣賞」は!!

長野県  紅屋青木煙火店さま

創造花火の「夜空に描く万華鏡模様」では、何かわからないのですが得も言われぬ感動が押し寄せてきて涙があふれてきてしまいました。花火師さんの全身全霊をかけた、「魂」というか「気」を感じる美しすぎる心に染み入る花火でした。

課題玉の四重芯も小花から存在感が違いましたよ!そして開花した四重芯、順番に芯が点滅していく青木さんらしい美しい多重芯。盆も丸く感動を覚える1発でした。

創造花火の部、10号割物の部ともに準優勝受賞
内閣総理大臣賞受賞おめでとうございます!!
来年の特別プログラムが最高に楽しみになりました^^




創造花火の部での優勝は!!

愛知県  磯谷煙火店さま

「今夜、どこかのBARで~男と女の物語~」

まさか夜空でドラマが見られるとは思いませんでした(笑)
今年はこうきたか!?ってかんじの展開!
磯谷煙火店独自の花火1発1発を効果的に魅せる最高の演出だと思いました。
夜空に浮かんだカクテルが美味しそうでしたね
ストーリーの中の「ウィンターイルミネーション」も効果的に使用されていましたね~
♪ふぇんだあああああああ~からの会場の盛り上がりは最高でした

10号割物の部ではかっちりと三重芯が決まり入賞を受賞、おめでとうございます^^




優秀賞

茨城県  山煙火製造所さま
「希望の鳥~素晴らしい明日へと向かって~」
タイトルの通り、輝く希望の明日へと上昇していく「希望の鳥」が印象的でした。
双子芯が現れたかと思ったら、よっ四つ子芯~!
そして、ぷっくりした四つ子は緑になり幸せのよつ葉のクローバーになりました
被災地の茨城県から希望を与えてくれた花火でした。

割物でも見事な四重芯を披露してくれ優秀賞を受賞されました。


群馬県  菊屋小幡花火店さま
「花ひらけ 日本の心」
前半は銀1色の世界、だんだんと色つき割物自由玉と同じ桜色の花火が夜空を埋め尽くします。冬から春への日本の季節の変化を見事に表しているようでした

割物の四重芯も決まり優秀賞を受賞。夜空でお父様も喜んでくれていたことと思います。


山梨県  山内煙火店さま
「明日に咲く奇跡の花」
和火と桃色がかった紅の染め分けの花火が一瞬で目を引き付けます。
その後はかっちりと決まった雌雄芯の割物や創造割物がどんどん打ち揚がり、一つ一つの玉の完成度の高さに関心してしまいました。

そして、なんと山内煙火店さまは10号割物の部で優勝を受賞されました!!

至上最高と言ってもいいような最高の完成度の三重芯でした!
自由玉のMajic Artも口では説明の出来ない鋭い変化の花火でした。

山内花火玉玉名



ここからは、私の気になったところをいくつか^^

まずはトップバッターの
秋田県  北日本花火興業さま
「カエル帰る、きっと帰る、無事帰る」

今年の新作花火コレクションでデビューしたカエルくんが登場。
みんな可愛いクロセットの手足を広げて夜空で飛び回っていましたね^^
2匹同時に飛び上がり、寄り添うカエルくんが可愛い~
震災で行方不明になったり、避難生活をしている人達、原発問題で自宅に戻れない人達が1日も早く無事に帰れるようにと想いのこもった花火。後半の黄色いリボンは映画の「幸せの黄色いハンカチ」を想像させられます。




新潟県  新潟煙火工業さま
「ジ・エンターティナー~white seasoning~」
軽快なジャズのピアノに載せ花火が踊ります。
なんといっても驚いたのが一つの八方咲きの玉から松島が出てきたこと!!
どんなに精巧に作られた玉だったことか!お見事ですよね^^


茨城県  野村花火工業さま
「夜空の祈り」
割物自由玉「祈り~明日への光~」からリンクした作品。
自由玉に関しては五重芯から覆輪と翼が飛び出す、創造を絶する割物でしたね。
いったい玉の中身はどんなんなのか!?
想像花火は「見上げてごらん夜の星を」にあわせ、しっとりと野村ワールドを展開。
やはり、震災の被害が大きかった茨城県からの復興を願う花火でした。




山梨県  齋木煙火本店さま
「希望の光」
点滅する柳に目が釘付けになりました。後から出た点滅柳の不思議な光はもう1度見てみたいと思う花火でした。


長野県  伊那火工堀内煙火店さま
「ドレミで奏でる七色の空唄」
映画「サウンド オブ ミュージック」のドレミの歌に合わせ花火の色で音階をキッチリと表現していました♪ザラ星もぴったりと合っていましたね。
特に凄かったのが♪ドミミ ミソソ レファファのあたり!
もう頭の中で整理がつかないくらいの色の変化が素晴らしい花火でした。


静岡県  イケブンさま
「回れ!ミラーボール」
こちらも今年の新作花火コレクションで登場した花火。
ディスコソング「Stayin' Alive」に合わせて輝く閃光が複雑に回転しまくります、。
カッコイイ花火でしたね^^


まだまだ書き足りないのですが、長くなってしまったのでここまでとします。



今年の大曲は全体的にレベルの高い競技だったように思いました。
花火師さんたちの日本を元気にしたいという深い想いが感じられる戦いでもありました。

素晴らしい花火を見せてくれた全ての花火師さん達に心から感謝します。
どれだけの人達が花火から元気をもらったことか!

本当にありがとうございました。

「競技編」はこれで終わり!次は「仕掛け編」です^^


  

27日の天気予報

トコです。


ちょっ、ちょいとおまいさん!!「大曲の花火」の日の天気予報が、なんだかキワドイことになってきてますよ


こんなのや→ポチっとな

こんなのとか→それポチっとな


27日だけ晴れという神のような天気予報ともとれますが、お空はそんな甘いもんじゃない!!

雨マークが前日まで迫ってきているのですよ~(TT)オーノー
こういうのはヤバいんですよ(汗)

今までの経験上、天気はどんどんずれていき明日の朝に起きると27日まで雨マークなんてことも…
さらに、雨が続くと雄物川の増水にもつながります

いや、そんな事は許しません
花火師さんや大会関係者の方たちの準備がスムーズにいく事と、もちろん見に行く私たちも快適に最高の花火が楽しめるように!!


今年もリクエストもあったことですし花火鑑賞的生活では恒例になりつつあるアレ

いっちょいきますよー気合一発

雨マーク消えろー!!!


おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!

大曲の花火ウィーク

奥はシェフズキッチン

トコです。
大曲の花火ウィーク2日目に参上してきました~

光のエンタ~至福の花火~
本日は創造花火の帝王、型物花火の天才、北日本花火興業さまのご担当!

動画はフィナーレ創造スターマイン
「夜空のおもちゃ箱 OPEN!」



おもちゃ箱から飛び出したのは可愛い型物の花火たち
元気いっぱいすぎてなかなかコチラを向いてくれないのもありましたが
会場に集まった大人も子供も楽しい至福の時間を過ごすことが出来ました!

第27回ドンパン祭り花火!

伝書鳩です。こちら秋田県南部は現在、大雨が断続的に降り続いています><早く落ち着いて欲しいですね。




さて一昨日の16日は、大仙市中仙で行われた「がんばろう!東北 第27回ドンパン祭り」の花火を見に行ってきました。このお祭りは「ドンパン節発祥の地」大仙市中仙地域で行われる夏祭りで、中仙総合支所前のドンパン広場に数多くの人が集い、ドンパン踊りをメインに伝統芸能や花火が楽しめるとあって、我が家も数年前から続けて足をのばしています^^
 



今年のドンパン祭り花火のテーマは「被災地に届け!応援花火」。あらかじめ応援メッセージを公募し、メッセージを紹介した後に音楽付の花火が打ちあがるスタイル。ここの場合、会場周辺の田んぼのちょっと離れた2箇所から割物とスターマインが打ちあがるのも、例年と同じようです。




さてさて、会場はよさこいチームの演舞や飛び入りOKのロックドンパンなどで大いに盛り上がり、花火はPM21:00過ぎからの打ち上げとなりました。ご担当は未来花火のパイオニアさまです。開始前には若干小雨がパラついてきましたが、花火が始まってからはどうにか持ちこたえてくれました。




割物もスターマインもそれぞれのテーマに合ったものが打ち上がり、ここ最近アチコチで登場している、色が複数回変化する牡丹や銀河流星の煌き、そして可愛らしい型物に最後は華キキョウ芯3発同時打ちで、十分見応えありました^^私のお盆休み最終日のこの夜も、素敵な花火を見せてもらいました^^





第9回男鹿日本海花火終了!!

男鹿の夕暮れ




昨日は男鹿市船川のOGAマリンパークで行われた第9回男鹿日本海花火を観覧してきました。今年の大会テーマは「男鹿から東北に力を・心をつなぐ歌~Pray for Japan~船川港築港100周年記念」と題し、3.11の東日本大震災でお亡くなりになられた犠牲者の方々の鎮魂と、被災された皆様を心から応援し、被災地の復興を強く願うという内容でした。




具体的には、講談社さまから出版されているPray for Japan(大震災後に被災地で実際に起こった出来事や言葉で、twitterなどに寄せられたものを集めて書籍化したもの)の中から、今回のそれぞれの花火のテーマに沿った出来事や言葉を抜粋して紹介し、その後にあらかじめ募集していたテーマにふさわしい歌や曲にのせて花火が打ち揚がるというスタイルでしたね。




今年は、前日まで予報されていた雨をものの見事に吹き飛ばし、好天とともに南南西の風(男鹿みなと市民病院側から打ち揚げ方向への風)がやや強く吹いてくれ、観覧場所からは最後まで花火がスッキリクリアに!!煙や雲は花火の後方に飛ばされていきました。





PM19:30になり、大震災でお亡くなりになられた犠牲者の方々へ献花となる大玉割物の連発でスタートしました。




東日本大震災後に開催された花火大会で私が観覧したもののほとんどは、大会プログラムの一部分で震災復興を願ったり被災された皆様を花火大会にご招待したりという状況だったのですが、90分間すべてが創造花火と称される男鹿花火の場合、すべてのプログラムのテーマが大震災にちなんだもので、ほぼ2曲連続の長さでテーマにふさわしいBGMに合わせ、芸術玉や大玉割物の連発・3ヶ所や5ヶ所のワイドスターマインといったエンターティメント性あふれる圧巻の内容で、男鹿ならではのスタイルでした。




「息子を抱きしめて」というテーマのプログラムでは、被災地で津波で亡くなった2歳の息子の体を2日間ずっと抱いて過ごした話とともに、岸壁の母と北国の春の曲にのせて、息子の帰りを待ちわび海をみつめる今と10年後の母親の後ろ姿を仕掛花火や創造スターマインで表現されました。こういった構成で花火を打ち揚げるのは北日本花火興業さんしかいないなと思います。




今年の男鹿の男花火は「未来の教科書」というテーマで、未来の歴史の教科書に日本は大震災から見事に立ち直ったと書かれていて欲しいという強い願いと、中島みゆきさんの「時代」の曲からハウンドドックさんの「フォルテッシモ」の曲にのせて、和火や柳から割物でしっとり始まり、後半では迫力あふれる大扇で東北や岩手・宮城・福島にそれぞれ個別の応援のメッセージ、そして水上スタマや斜め打ち、3ヶ所ワイドスターマインでダイナミックに終わりました。








花火交響曲2011は船川港築港100周年を記念し、OPERATION TOMODACHIと題して、大震災直後に被災地にすばやく展開し、仙台空港の復旧整備などに尽力した米軍の「トモダチ作戦」を取り上げ、軽快にアレンジされた曲にのせ、圧巻のワイドスターマインが展開されました。








女花火のフルワイドスターマインでは、AKB48の曲にのせ、視界いっぱいに色鮮やかな花火が右に左に打ち揚げられ、今年も花火に囲まれる至福のひとときになりましたね^^



男鹿の女花火動画はコチラ


なまはげスターマイン市民号の動画はコチラ




この他のプログラムも全部が全部素晴らしく、華キキョウ芯や芸術性の高いカッチリと決まった割物、色が7回!位も変化する牡丹などのほか、ハイクオリティな創造スターマインが揚るたびに、観覧会場のあちこちで大歓声が巻き起こりました。




90分間はあっという間に過ぎ、アンコール花火へ。3ヶ所ワイドで割物の両脇に可愛いスマイル、やがて今年のニューフェイスのカエルが登場して、無事にカエル・きっとカエルと言っているようでした^^








隣で観ていた嫁や娘は、オープニングから感極まって涙ぐんだりしていたようです。





男鹿の花火はもともと地元の手作りの小さな花火大会から始まったと聞いています。であるならば、男鹿にお住いの地元の皆さんや男鹿出身の方々のメッセージ、または今年の今でなければ伝えられない旬なメッセージなども取り入れた方が良かったのかなと思いました。




花火愛好家の先輩で、どこの花火大会でお会いしてもいつもニコニコしながら観覧されている福島県のSさんという方がいました。今回の大地震と津波で当初は安否が分かりませんでしたが、しばらくしてからネットの安否情報検索で、避難所に奥様と一緒に避難されている情報を見つけました。その方が昨夜、男鹿の花火にいらっしゃったのです。ご自宅の住所はテレビで何度も放送された、津波で電車がくの字に曲がった福島県新地町の駅の近く。かろうじて家の形は残りましたが津波に浸かり1階部分はすべてメチャクチャ。当日はご自宅にいて、大地震直後にご近所の高齢者の避難を手助けして自分は最後に逃げ、まさに津波に飲まれる寸前で助かったそうです。現在は仮設住宅にお住まいとのこと。話していて、ずっと涙が止まりませんでした。




今年は、男鹿花火を熱く勧めてくれた我らが男鹿花火応援団長が、都合により欠席となってしまいました。ですが、私たちの隣の場所で、例年と変わらずしっかりとご観覧されていたように感じました。




男鹿に着いてからの、駐車場での警備の方との会話と心遣い、会場入場ゲート受付の方の心温まる親切な対応、観覧エリアの開場を待つ間ずっと話し掛けてくれた地元のボランティア役員のユーモアたっぷりのおじさん、男鹿の焼きそば、男鹿の毎年変わらない暖かい心っこが、そこかしこに溢れていました^^




今年も素晴らしい花火を打ち揚げた北日本さん、DJのチャーリー・ホイさんと地元スポンサーの皆さま、スタッフや関係者、ボランティア警備の方々、そして会場でお会いしました愛好家の皆さん、大変お世話になりました!男鹿最高だ!



第21回赤川花火大会~希望の光~

赤川花火大会


トコです。

10日、山形県鶴岡市の赤川河畔で開催された、
第21回赤川花火大会に行ってきました~

赤川花火大会

赤川花火大会



今年はテーマを

  希望の光
~復興に勇気 子供たちに笑顔 そして東北に未来を~


と掲げ最後まで復興に立ち向かう人達を勇気つける感動的な内容でした。

東日本大震災で亡くなった方達への黙祷と追悼花火の後、
会場全員でのカウントダウンで始まった伊那火工さま担当のオープニング花火!

オっオープニングからこの迫力ですか~い

美しく曲に合わせ統率のとれた花火に、いきなり足から腕と鳥肌が立ちまくります




もうこれで、掴みはOK!伝書鳩も私もハートをワシ掴みにされてしまいました~

これを観ただけで、今日来てよかった~て思えるような内容でした^^


その後はハイクオリティなデザイン花火と割物花火の競技花火が会場を魅了していきます。
後日、公式HPで審査結果が発表されていましたのでご紹介します。

割物花火の部
優勝(出羽三山神社賞):(有)伊那火工堀内煙火店  
準優勝(鶴岡市長賞):(有)篠原煙火店
3位:(株)山内煙火製造所

デザイン花火の部
優勝(出羽三山神社賞):(株)マルゴー動画はコチラ
準優勝(山形県知事):(株)和火屋動画はコチラ
3位:(株)芳賀火工

どれも、花火師さんたちの真剣さと本気が伝わってくる素晴らしい花火たちでした。


今回の目玉の一つ、マルゴーさまの「復興花火」です。
「明るく輝く未来」が1日も早く訪れるよう願い打ち揚げられました。




マルゴーさまお得意のピカッと閃光を放つダリア星の花火が、復興を願う象徴のような素晴らしい花火でした。



そして、いよいよ市民花火の時間です!!
今年はなんと!あの紅屋青木煙火店さまがご担当!始まる前から期待が高まります。
そんな中「今回の市民花火はおよそ9分にわたるワイド花火です。」というアナウンスがー!
「きゅ、9分!!」これがちょっと前から噂されていた東北初の試みですかー!

まずは、じっくりとご覧ください↓



ここは誰?私はどこ?と言いたくなるような異次元に行ったような感覚に陥りそうになる、すざましい内容。
終了するまで何回、全身総トリハダが立ったことでしょう!
歴史に残る圧巻の花火でした。


今回も楽しい時間はアッという間に過ぎ、もうエンディングの時間になってしまいました。
ご担当は秋田県の小松煙火工業さま!
今回も創造を絶する迫力のエンディングでした。





あ~ぁ、終わっちゃったと思っていたら、ここで感動のクライマックスが待っていました。
被災地、石巻からご招待されていた被災者の方と、石巻の元気な子供達からメッセージがありました。

実際に被災された方達のその言葉は、深く心に突き刺さるものがあり涙が止まりませんでした。

子どもたちの将来を見据えた力強いメッセージのあと、
未来を照らす「希望の光」の花火が…
ここからは言葉にならない感動がー!!



~希望の光~ こどもたちの明るい未来を願って
と題された3発の2尺玉が確実に子供達と東北の明るい未来を照らしてくれました。

私たちの住む秋田県は震災の被害は少なかったものの、精神的なダメージとトラウマは確実に残っていて誰も言葉にはしませんが、いつも心に不安を抱えながら生活を送っているのが現状です。

今回の赤川花火大会の「希望の光」私にも確実に届きました!



今年も赤いTシャツを着たスタッフの方達が汗だくになり、顔を真っ赤にして働く姿が印象的でした。皆さんのおかげで快適に花火を楽しむことが出来ました。
そして、最高の花火を見せてくれた花火師さんたちにも感謝です!!

本当にありがとうございました。「感動日本一」!!



毎年恒例のアレ!!

男鹿日本海花火応援団員のトコです。

いよいよ14日は「第9回男鹿日本海花火」ですね^^


毎日毎日、天気予報を見て晴れだしと安心していましたが…




油断しました




昨日から、どこの天気予報にも憎いあのマークが~


みんなで、マークを何処かへ吹き飛ばしてしまいましょー

いきますよ

皆さんご一緒にー


雨!こっちくんなー!!
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!

雄勝大花火大会2011

伝書鳩です。連日連日、暑い日が続いていますね~><我が家でも8月はお盆をはさんでアチラコチラの花火大会に出動していますが、土曜日の酒田花火ショーに続いて、昨日は近場で毎年観覧している『第34回雄勝大花火大会』に行ってきました。


この花火大会は毎年8月8日に開催日固定で、大曲出場の3業者さんが打ち揚げをご担当なさっています。今年も平日開催で、仕事が終わってから駆けつけましたが、例年座っているあたりの場所は余裕で確保できました。


内容はスターマインや7号玉・10号玉割物、ワイドスターマインなどが交互に打ち揚げられ、比較的空いた観覧場所でのんびりマッタリと花火を観ていると、尺玉などはまるで頭上で開く感じで、花火がとってもとっても近くに感じる大会です。


しかも例年だと雨上がりで無風になったり煙が滞留したりしてなかなかクリアに観れないのですが、昨晩は涼しいくらいの涼風が吹き、スッキリクリアに観れました♪


やはり震災後で、花火のテーマは復興や元気・希望を願うものがベースになっていましたが、昨晩の大玉割物はカチッと決まった玉が多かったですし、例年恒例となっているスーパーワイド速射連発・小野小町スペシャルスターマインはとても見応えありました。また創造花火では『みちのくロマン~五月雨の降り残してや光堂』
テーマに沿って、柳物や点滅冠菊・さざ波菊で見事に五月雨と金色堂を表現され、これも圧巻の花火でした!



花火師さん達も私たち一般人も、お盆前のとても暑くて忙しいこの時期、大きな花火大会のように肩ひじ張らずにそんなに疲れずに、昨晩もマッタリのんびりと素晴らしい花火を堪能させて頂きました^^





湊の粋 酒田花火ショー2011

酒田花火ショー2011


トコです。


6日に開催されました「湊の粋 酒田花火ショー」に行ってきました~

昨年、伝書鳩が行ってエライ感動して帰ってきていたので、今年は私も酒田に初参戦!!


酒田に無事到着したものの、も~ とにかく暑い

めちゃくちゃ暑い待ち時間、ささいなことから夫婦げんかが勃発
瞬間的に冷え切った状態に…
この時の私たちをサーモグラフィーで見てみたら真っ青だったことでしょう



そんなこんなしているうちに、会場へ移動。
移動する時もアチかった~

会場に到着して、まず始めに思ったのが
「空がひろ~い!河川敷も広ーい!!」

プログラムに書かれている
「日本最大級の打ち揚げ幅 1500mのスペシャルスターマイン」

って、いったいどんくらいの幅なのよ!!

家でも視界に入るのかな~と目玉を左右にキョロキョロして練習!?はしてきたのですが
なにせ初観覧なので全く見当がつきません。
始まるまでのお楽しみってところです^^


開始時間の7時30分、海からの風が気持ちよく涼しくなってきた頃にゲストでいらしていた演歌歌手の水森かおりさんと一緒のカウントダウンで花火ショーが始まりました!
ご担当は静岡県のイケブンさま、地元山形県の安藤煙火店さま、秋田県から小松煙火工業さまと北日本花火興業さまの4社です。(1社だけ何回もアナウンス時の社名の間違いがあり、ちょっと気になりました。)



オープニングからこの迫力ですかい
尺玉がガンガン打ち揚げられイケブン様お得意のパステルカラーの点滅花火が炸裂。
いきなり視界いっぱいが尺玉で埋め尽くされてしまいました!

第1部グランドオープン「輝点」



花火ショーというだけあって、他の花火大会とは全く違うスタイルの進行でした。
大きく4部に分かれていて、何回もプログラムを見なくてもいいという感じでしたね。
私的にも今回はほとんどプログラムを見ることなく、のんびりじっくりと花火を観覧してきました^^



それにしてもとにかくスケールがでかい!
「東日本最大級! 尺玉300発打ち揚げ」というだけあって
普通に尺玉がどんどん打ち揚げられていき開花と開発音の迫力に酔いしれた夜でもありました。



迫力の花火がどんどん打ち揚げられ、今宵も「あ~」っという間にグランドフィナーレの時間に…


いよいよ1500mのスペシャルスターマインが打ち揚げられます!
普段、秋田では見ることのない色合いの尺玉がこれでもかー!!ってくらいに打ち揚げられていきます。
パステルに点滅する多重芯、本当に綺麗でした。
トコ的目線では最高四重芯まで揚がったと思ったのですが、どうだったでしょうか!?

第4部グランドフィナーレ「山河」 




心配していた視界に入るかどうか?という点ですが
答えは私の観覧場所からは「ギリギリ入りそうで入っていない」という感じでした。
贅沢な時間でしたね~視界いっぱいが花火なんですよ
尺玉に包まれる感覚を始めて感じました。
ラストの2尺玉も圧巻



帰りの混雑も凄かったのですが、イイ花火を観た後なのでイライラした気持ちは全くありません^^
あれっ しらない間にケンカも終わっていました
これも「花火のチカラ」です

七夕絵どうろうまつり2011

トコです。


今年も地元の三大まつりの一つ「七夕絵どうろうまつり」が5日から7日までの3日間、市の中心部をメインに盛大に開催されました。


ちょうど仙台の七夕と開催が重なり全国的にみると影のうすい七夕まつりなのですが、なかなかどうして!!
城下町の風情を感じる幻想的でステキな七夕まつりなのです^^


特徴はやっぱり会場を埋め尽くす大小300基の絵どうろう!!
プロの絵どうろう職人さんもいらっしゃるのですがほとんどの絵どうろうがプロアマ問わず地元の方達で描かれているんですよ~!
密かに芸術性の高いまつりでもあるのでーす!


さてさて
ここからは毎年ご紹介しているお友達夫婦の作品です

まずはダンナ様のほうから~!

絵どうろう「和ごころ」

「和ごころ」と題された絵どうろう。
今年もおしとやかな現代風の可愛い女性を描かれていますね~
毎回思うのが女性の表情が艶やかでステキなんですよ^^
着物の色や柄も細かく妥協なく描かれています!
なんといっても手に持っている「黒豆だいふく」みたいのがリアルで美味しそうです(そこかいっ)


そして、今年はお友達がなんと3枚も描いたということで連続でお楽しみください!!

絵どうろう


絵どうろう


絵どうろう「願いの糸」


ちょっとスゴクないですか
いつのまにこんなに描いたのか

3枚目は「願いの糸」と題されています。絵の中の題の処にも赤い願いの糸が巻かれています。
水桶の中の水の表現や着物のシワや指先のしなやかさなどなど、細かい部分までのこだわりが感じられますね~^^

もう本当に二人ともすばらすぃ~


七夕絵どうろうまつりは毎年8月の5日から7日までの三日間、盛大に開催されます。
今年は終わってしまいましたが、来年ぜひおざってみでたんせ~^^

プロフィール

Author:でんしょ&トコ(どっちも花火鑑賞士でした)

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。