スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「伝統×挑戦」大曲の花火

トコです。

11日に開催されました「伝統×挑戦」大曲の花火に行ってきました~。

例年ですと10月の第2土曜日は花火鑑賞士認定試験が行われた後に飯田地区五社花火競演会として地元5社の花火をまったりと楽しむ日なのですが(まったりと言っても競技会クラスの尺玉も揚がる超贅沢な時間^^)
今年は国民文化祭が秋田で開催されていることによる県民参加事業として盛大な花火大会として開催されました。


4幕構成で日本の花火「大曲の花火」の変遷を花火研究家の小西さんのレクチャー付きで追って行くという、
翌日に鑑賞士試験を受ける人がとってもうらやましくなる内容。


まずはオープニング花火「国民文化祭あきた2014 僕たちの未来」




第一幕では「花火の黎明・創始期 和火と洋火」と題して
江戸時代の広重の浮世絵で現されている和火の花火から塩素酸カリウムや炎色剤が輸入されるようになって出来た洋火の原色5色の牡丹花火などが次々と打ち揚げられます。
和火を楽しんでいた当時の人達が紅や緑の色が輝く洋火の花火を初めて見た時はあまりの綺麗さにびっくりしたことでしょうねー。


第二幕では「創造・成長期 創造花火の変遷」と題して
大曲の花火を語る時には欠かせない創造花火の進化をレクチャー。平面型物・立体型物が楽しませてくれました。
平面型物が沢山揚がったのですが、アフロボーイさんやカエルさん達緊張していたのでしょうかなかなか会場のほうを向いてくれませんでした(TT)
「お・は・よ・う」の文字も揚がっていたのですが「う」しか向いてくれなかったりと…残念!
立体型物では難しい立体の三角錐やかざぐるま芯の割物、紅妖花などなど贅沢な花火が沢山でしたね。

第二幕のラスト創作花火「創造花火オンパレード」



花火でのカウントダウンから始まりパーマが失敗した他人事とは思えない「みだれ髪」さんも登場!楽しい花火でした^^


第三幕では「飛翔・変革期 割物花火の変遷」と題しまして
芯入り割物から三重芯までの多重芯や星の多色変化の三か所揚げ、マジック牡丹など伝統の割物花火の技術が堪能できました。

そして、いよいよ今夜の目玉企画ー!

内閣総理大臣賞受賞花火師8名による「10号 芯入割物・自由玉」競演


本当に贅沢な時間でした!曲導からして違うし!小花に芯入ってるし!
どの玉からもオーラを感じるんですよねー!

しかも呼び出しは「大曲の花火」と同じスタイル^^ たまりませ~ん♡



・菊屋小幡花火店      昇曲道付四重芯変化菊  
                  モノクロームの華

・磯谷煙火店         昇曲付三重芯変化菊   
                  光のオブジェ

・北日本花火興業      昇曲道付四重芯変化菊   
                  昇曲道付華キキョウ芯錦菊先方向変化

・野村花火工業        昇曲道付四重芯変化菊   
                  幻想イルミネーション

・紅屋青木煙火店      昇曲付三重芯変化菊    
                  昇曲道付夕映えのヤシ

・山﨑煙火製造所      昇曲付四重芯変化菊    
                   夢の観覧車

・山内煙火店         昇曲道付三重芯変化菊   
                   輝錦の花園

・小松煙火工業        昇銀引五重芯変化菊    
                  昇曲付二層時差式発光球 

各社の玉名見ただけで興奮モノですよね!山﨑さんの夢の観覧車、いい花火なだけにもったいなかったですねー(><)

第四幕はスペシャル創造花火「花火進化論ー花火は、どこに向かおうとしているのかー」と題して
ワイドスターマインが伝統の技から新しい花火を織り交ぜ華麗に魅せてくれました!



全ての打ち揚げが終わり、なんだか聞き覚えのある曲が~♪
流れてきた曲は「満天の星」!対岸では花火師さん達が赤いトーチ降ってるしー!!

ささやかな光ですが私も持ってたちっこいLEDライトをブンブン降ってきました(^^;)ノシ


さてさて、来年の飯田五社花火競演会ですが、願わくば例年通りのスタイルでの開催を希望します。
あの独特の雰囲気がたまらなく好きなんですヽ(=´▽`=)ノ

スポンサーサイト
プロフィール

Author:でんしょ&トコ(どっちも花火鑑賞士でした)

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。