スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご冥福をお祈りします

伝書鳩です。


いよいよ師走に入りました。今年の冬は暖冬の予測も出ていて、どうか昨年のように雪の少ない冬になって欲しいものですが、果たしてどうなることやら・・・。



さて、今朝見た地元紙に、作曲家・石井歓先生の訃報が載っていました。
さきがけon the webさんの記事はコチラ



石井歓先生は、大曲の花火・第70回大会の大会提供花火のテーマとなった「大いなる秋田」の作曲者の方です。


「大いなる秋田」は合唱と吹奏楽のための楽曲で第4楽章まであり、その第3楽章「躍進」には皆さんご存知の【秀麗(しゅうれい)無比なる 鳥海山よ 狂爛(きょうらん)ほえたつ 男鹿半島よ】の秋田県民歌の旋律が登場し、美しいユーフォニウムの音色で演奏されます。


私も学生時代、毎年開催される「大いなる秋田」の地元公演では管楽器で演奏しましたが、斬新かつダイナミックな曲で、とても感慨深いものがあります。


謹んで、ご冥福をお祈りします。

コメント

Secret

今度お会いしたときに「大いなる秋田」がどのような曲なのか教えてくださいね。
秋田県民歌は大好きですし、「朝明け雲の色はえて 仰ぐはるかな山々よ」も何年か前の能代や
今年の神岡南外で流れて忘れられない歌です。

この2曲がどのような役割で登場するのか興味があります。
(花火ではありませんが、30回達成しました)

>>Concert on holidayさん

30回達成、おめでとうございます!満たされていますね^^

大いなる秋田は、一言で言えば荘厳な曲です。これを合唱と吹奏楽の数百人の編成で演奏するのですから、まさに圧巻ですね。
また歌詞も、「斧の音響かぬ 千庫の美林」などなど、まるで情景が浮かんでくるようです。

そしてよく言われることですが、秋田県民歌ほど全国の皆さんに知られ&口ずさまれている曲も珍しいですね。秋田にふるさとを感じていただけると幸いです^^
プロフィール

でんしょ&トコ(どっちも花火鑑賞士でした)

Author:でんしょ&トコ(どっちも花火鑑賞士でした)

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。