スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花火工場見学

おひさしぶりです。トコです。

3連休の真ん中の15日
大仙市の女性グループ「花火ときめきチーム」様の主催による
花火フォーラムVol.2に参加してきました!

今回の内容は、なんと!
小松煙火工業様の花火工場見学~!
こんな機会めったやたらにあるもんじゃありませんよ

ワックワクしながら娘と二人で大曲に出発です!

1時に「花火庵」に集合し、親切な「ときめきチーム」の方達の車に乗せていただき小松煙火工業の花火工場に向かいます。

到着するとニコニコした小松社長サマがお出迎えしてくれ
早速、工場見学の開始です。
CIMG0946.jpg

広い敷地内に入ると、火薬法などに従い建てられたという小さい建物がたくさんあります。もしも火災や爆発がおきたときに大災害にならないためだそうです。

最初に粉末状の火薬を配合する部屋
次に、星掛けをする部屋を見学しました。
星掛け

なんといっても、今まで本や資料の写真でしか見たことのなかった事が、目の前で実際に行われているという事に感動です!

そのあと乾燥室や天日干しをする場所
玉込め作業の見学をし、玉貼り作業の部屋へ移動です。
玉貼り

説明されている社長サマの後ろでベテランの方達が
クラフト紙を花火玉にドンドン貼っていきます。
(トコ心の声:なんだか楽しそう~!やってみて~
そこで小松社長の「どんなにいい玉を作っても、この玉貼り工程で失敗すると、その花火玉はチャンと開かない。大事な工程です。」
という説明。
(トコ心の声:ひぇぇぇぇ~、やっぱムリムリ~

玉貼りの説明を終えると隣の部屋から完成した「尺玉」を持って社長サマが現れました。
尺玉

この玉は重さが5~6キロあるそうで、子供達に持たせてあげたりしていました。
(またまた心の声:う~、こんな機会またとないし持ってみたい~!)
少し恥ずかしかったけど、子供達にまじり私も持たせてもらいました。
ぎっしり詰まったかんじの重みがありました。

最後に尺玉の筒を見せていただきました。
尺玉の筒

鉄製の筒で重さは30キロだそうです。やはり、それくらいの重さがないと発射する力に負けてしまうんでしょうね。

見学を終えた後は、質問タイムです。
いろいろな質問に、丁寧に答えてくださる社長サマ。
とても楽しい時間でした!

時期的に超多忙なため社長サマのタイムリミットが3時ということだったようですが、とても内容の濃い工場見学会でした。

一瞬で消えてしまう花火ですが、その花火が出来るまでには
たくさんの職人さんの手間と、恐ろしいくらいの時間がかかっていることが、あらためてわかりました。
今後、花火を観るときの意識が少し変わる気がしました。

最後になりましたが「花火ときめきチーム」のみなさん
小松煙火工業様、とても貴重な体験をさせていただきました。
本当にありがとうございました!


お・ま・け
もしや!?と思い、帰り道「ねむの木公園」を見てきましたが・・・・・

まだ半月もあるんですけどね~

コメント

Secret

プロフィール

でんしょ&トコ(どっちも花火鑑賞士でした)

Author:でんしょ&トコ(どっちも花火鑑賞士でした)

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。