スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本海洋上花火大会

伝書鳩です。 ドウモ( ・∀・)っ旦

先日は、日本の花火100選にも選ばれている「第23回日本海洋上花火大会」
(由利本荘市岩城)に行ってきました。

今年から、会場を道の駅岩城の島式漁港公園(本州初の島式漁港)に移したそうで、
沖合い360mにある島式漁港とアイランドブリッジを有効に使い、少々の悪天候
でも、尺玉が打てるようになったんですね~。


さて今回は事前の天気予報を見ると、開催時間に現地では雨模様の予報。
伝書鳩・トコの2名でPM3時頃に自宅を出発しました。

行きはR107経由でR7へ。由利本荘市内の渋滞が結構ツラいっす。

松ヶ崎を過ぎてあと数kmのところで、今度は道の駅渋滞が始まっていました。
(この日は朝から岩城漁港まつりイベントもあって、駐車場も大混雑でしたね)
どうにか近場の駐車場に車を停め、歩いて会場入りします。
この時点で小雨がぱらつき、風もありました。

最初に観覧場所を仮決めしたものの、周囲の雑踏や照明・発電機の音などなど
どうにも納得いきません。

嫁が、大会本部から立派なプログラムとウチワを頂いてきました。

付近を偵察した結果、海水浴場の露店前に移動~。開始まで1時間30分ほど
ありましたが、海上の荒波も高いし、雨具を着て風雨を耐え忍びます。


島式漁港


でもこんな私達をよそに、浴衣を着たお姉さん達やミニスカート姿のお嬢さん達
も後ろをいそいそと歩いていきます。(^ω^)
(下の写真には写っていませんよ・・・)


屋台



いよいよ打ち上げ開始。ここで急きょ場所再々移動~。今度は納得できる場所でした。
雨もようやくあがりました。風は北西の風で申し分ありません。

さて、今夜のご担当は北日本花火興業さま。約5000発(でしょうか?)で
プログラム29番までありました。

女性のアナウンスの他に、男性の方の玉名紹介や解説つきでした。
BGMもずっと流れていて、よりよい効果をかもし出しています。

また、合併した由利本荘市の市民歌の一小節一小節が花火のタイトルになって
いて、それにちなんだ趣向を凝らした花火が上がります。なかなか面白いですね。


(悪天候と砂浜のため、デジカメ手持ち撮影です)
割物

海上花火


私が個人的に感じたこととしては、

●アイランドブリッジから斜めに打った5号玉連発の海上花火は圧巻!大迫力!
●芯入り銀菊に色○が飛ぶのは初めて観ました!
●扇状孔雀スタマの素晴らしさ!
●明るく輝く新色のキレイさ!
●10号の完璧さ、圧倒的存在感にただただ呆然!
●アンコール花火の銀菊3ヶ所打ちに大興奮・大絶叫!

上記の他にもスギッチやドラネコ・ヒヨコのあんよなどの型物や、おなじみの
錦先方向変化、千輪ものなどなど、なかなか豪華な内容でした。
私達の観覧場所からは、煙の滞留もほとんど気になりませんでした。


嫁が、手持ちでフィナーレ花火を撮ってみました。



そしてついに名残惜しさの中、終わってしまいました。

会場を撤収し、歩いて駐車場へ。誘導員の方のお陰でR7にもすんなり入れて
いただき、帰りは山中の峠を越えR105経由で真っ暗な出羽グリをひた走り
無事に自宅に到着したのでした。う~ん、いい大会でしたね!


テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

コメント

Secret

日本の花火百選に入っている秋田県内の花火大会はどこなんですかね?

男鹿、能代、新作コレクション、神岡は入ってますかね?

>ぼんぼらさん
眼のつけどころが違いますね~。詳細は不明ですw
秋田県内だと森岳なんかもそうらしいですから、多分歴史のある県内大会は入っているのかも。
それより、日本海側でも数多くの花火大会があるのでしょうが、「日本海洋上花火」と冠していることのスゴさを感じますね。
プロフィール

でんしょ&トコ(どっちも花火鑑賞士でした)

Author:でんしょ&トコ(どっちも花火鑑賞士でした)

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。