スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べもののうらみはコワイ

ちわっす、伝書鳩っす!毎日暑いっすねぇ。

さて昨夜、地元の夏まつりで定食屋さんに行った時の話。

私・嫁・娘の3人で、夕食を食べにとある店に入りました。

昨夜は1年に1度の夏まつりのイベントの初日でもあり、
店に入った瞬間から、何やらてんやわんやの様子です。
オーナーのオバちゃんとバイトらしき数人が右往左往しています。


先客も何組かいました。
まず私達が席に座っても、なかなかテーブル上にある前の人の
食べ終わった器を片付けに来ません。

ましてや、お茶も水も、もちろん注文も取りに来ないのです。
(この間約10分くらい)

「・・・こりゃあ、まずいところに来ちゃったな」

数分後、しびれを切らしてこちらから声を掛けて注文しました。
私「天ぷら定食一つと天丼二つ!」


この時点で、隣のテーブルに若いカップルが座りました。

そして海老天丼を二つ、注文しました。
(なんと、注文をとりに来たのは今度は小学生らしき子供!!)

やや遅れて中年女性とお婆さんが入ってきて、隣のテーブルで
カップルと向きあわせで相席することになりました。(カワイソ)
こちらは、海老フライ定食と焼肉定食を注文しました。


相変わらず、バイトはウロウロしっぱなし。
お通しを一つだけ持って行き来したり、注文と違うものを届けたりしています。

隣のテーブルの一番あとに来た中年女性とお婆さんの頼んだ定食が一番最初に来ました。

超デッカイ海老フライをおいしそうにほおばっています。
しかし、真向かいに座っている若いカップルは無言で待っています。


今度はようやく、私たちのテーブルで嫁・娘が頼んだ天丼だけ二つ来ました。
でも、味噌汁もお新香も茶碗蒸しもなかなか来ません。(10分以上)

しばらくして、今度は私の頼んだ天ぷら単品だけ、大きなお盆にのせられてきました。

こ・こ・で、何とバイト女性が私たちのテーブルに伝票だけ置いていこうとしたのです!

私「ちょっと待ってよ!まだ頼んだものの一部しかきてないでしょ。
  天丼もう食べ終わりそうなのに、味噌汁まだ来ないの?俺の頼んだ
  天ぷら定食の天ぷらだけ先に食べちゃったら、後で来たご飯とか
  味噌汁とかどうすんの?」


・・・ようやく店のオーナーのオバちゃんが出てきて、注文の確認を
し始めました。もう注文も順番もメチャクチャでした。


そして私たちの頼んだものは、数十分後にようやくすべて揃いました。


でも相変わらず、隣のテーブルの若いカップルは無言で待っています。
じっと耐えているようです。


隣のテーブルに一番あとに来た中年女性とお婆さんが食べ終わりました。
ここで隣の中年女性が、バイトの女性に声を掛けます。

「先に来ているこのカップルの注文はまだ来ないの?さっきから30分以上も待っているのに」
「はい、作っていますからもうすぐ来ます。」(信じラレナ~イ)


隣テーブルの中年女性とお婆さんが食べ終わり、出て行きました。


ついに私たちも食べ終わり、立ち上がりました。


隣のテーブルには、かれこれ小一時間も待たされている若いカップルが
食べ物も来ないまま、ポツンと取り残されています。


私の心の声(せっかくのデートでこんなんじゃ、この店には二度と来ないだろうなぁ。
        さすがに俺でもこの状況じゃ、無言で帰るかブチ切れるな・・・)


思わずカップルに声を掛けずにいられませんでした。

私「がんばれカップル!!これはひどいよ。もしまた相席なんか頼まれ
  ても、今度は絶対に断るんだよっっ!!」

若いカップルは突然私に声を掛けられてビックリしたかも知れません。
でも弱々しそうにうなずきました。


私たちは多分、あの店には二度と行きません。そしてあの若いカップルも二度と行かないことでしょう。でも、あの辛抱強いカップルには今後幸せになってもらいたいっす。


私たちはその後、しばらく町を歩いてから、氷屋でカキ氷を食べて帰りました。

「あの若いカップル、今頃食べ終わったかなぁ・・・」

コメント

Secret

多くの皆様がいらしてくれる時にこんなお店があるようじゃあ・・・・地元民としても残念ですね。

そうなんですよ~。
せっかく市外からとかお客さんがいらしてるのに、次につながらないっすよね。とても残念っす。
プロフィール

でんしょ&トコ(どっちも花火鑑賞士でした)

Author:でんしょ&トコ(どっちも花火鑑賞士でした)

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。