スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回男鹿日本海花火

ちわっす、伝書鳩です。

さてさて、第5回男鹿日本海花火も終ってしまいました。

今日は男鹿の花火当日の記憶をたどって書いて見たいと思います。
(長文になりますw)


【男鹿までの道のり】

ついに今年も虜になってしまった男鹿の花火当日の朝を迎えました!
ほんとに一年中、妻とほとんど毎日のように男鹿の話をしてきたので、
まるで正月を迎えるようで期待度・ワクワク度120%!


今年はまったく雨の心配もなく(昨年と同様で暑い暑い)、
昼頃に妻と2人で愛車でGO~。
高速を快調に進み昭和男鹿ICで降り、男鹿市船越~生鼻崎第2トンネル
(トンネルは今秋の秋田わか杉国体までには完成するそうです)を通過し、
昨年の教訓を踏まえ、2時頃に船川の目指す駐車場に無事到着しました。


【花火開始まで】

何より先にまず会場本部に行き、2人分の協賛金を納めました。
今年もついに来たぜっ、OGAマリンパークよっ!^^
すでに一般観覧エリアでは場所取りしている人もいて、もう唖然です。

しばし車で待機してから本部前に行くと、先輩愛好家さまも到着されていて、
一緒に3時の招待席エリアの開場を待ちます。


男鹿は観覧者の協賛金・募金も花火打ち上げにまかなわれます。

募金玉


募金玉の玉名も撮影。(男鹿花火応援団長はこの後、お札を募金してました)

募金玉



いよいよ3時!!

開門と同時にナント嫁も先輩愛好家さまも荷物を抱えて鬼のように
全力で走る走る!(100m走かっ!?)

この時「よ~いどん!」の合図のように3段雷も上がりました。

「何なんだよ~この人たちは~」と思いながら私も必死について行き、
無事昨年と同様のこだわりの場所をゲットしました!


打ち上げ方向


まずはひと安心~。車にモノを取りに行きながらようやく食事タイムです。

しばらく時間を過し、再び会場入りします。ようやく日も沈み、適度に
風もあって、今年は快適でした。
やはり、一般観覧エリアを含め観覧者の数は昨年を上回っているようです。


観覧席エリア


次々に愛好家の先輩達や知り合いの方々が到着され、和やかにごあいさつ
をしているうちに開始時間となりました。


しかし、開始時刻数分前にDJホイさんの緊張の走ったアナウンスがっ!

「15歳の軽い障害をお持ちの女の子が居なくなってしまいました。
1人では本部に行けないかもしれません。見つかるまで花火打上げは開始
しません。皆さんどうか一緒に捜して下さい!お願いします!」

会場が騒然とします。呼びかける方、周りを見回したり立ち上がったりして
みんなが心配そうにしています。


十数分後、ついに会場の遠くの方から拍手がわき起こりました。
見つかった!そしてその拍手はやがて会場全体に広がりました。
「これだよこれ、これこそが男鹿の花火だ!」
この時、会場の観客の一体感を感じながら、少し目頭が熱くなりました。


【いよいよ花火打ち上げ】

男鹿の花火は今年で第5回目にして、「日本の花火100選」のうち
ベスト50にランクインしたそうです!!

今年のオープニングはなんと10号芸術玉とスタマですっ。
尺玉のりんとした圧倒的存在感にただただ驚嘆!(・・ここは大曲かっ!?)

煙待ちもほとんどなく、その後のプログラムも遅れを取り戻すかのように
バンバン進行していきます。

昨年は各地区の花火や企業協賛花火が、懐かしいポップスなどの名曲に
のせて打ち上げられましたが、今年は「コンサート」と言うだけあって、
ほとんどクラシックの名曲にあわせて大玉やスタマが打ち上げられました。
新色・新型、そして各地の大会での優勝作品やおなじみの花火たちが
会場を包み込むように打ち上げられ、しばしば大歓声を誘います。


ボレロにのせて「大玉30連発」です。



「スギッチスターマイン」です。



団長の言われた通り、本当にまるごとギッシリ創造花火でしたね。

やがて、本当にあっという間に終ってしまいました。しかしアンコール
花火も打ち上げられ、これはこれでイキな計らいですね。


ついに終ってしまいましたが、退場の際のBGMがこれまた、
いい年こいた私が隠れファンだったZARDの「揺れる想い」でした。


【終っちゃったよ~帰り道】

帰りは、愛好家の皆さんに軽くご挨拶して一足先に船川を脱出。
船越~天王あたりもこの時点では順調に流れていて、高速を
ひた走り無事に自宅到着したのでした。


男鹿日本海花火は、年々進化し続けていると思います。

花火師さん・スタッフ、関係者の皆さんも必死の思いで当日を迎え、
そして今年も無事大成功されました。

そして、あの時間にあの場所にいれることの幸せを実感しました。

まだ1年も先なのに、早くも来年の男鹿が待ち遠しく感じますね。^^

最後に、近くで観覧・撮影された皆さま、お騒がせして本当にゴメンナサイ・・・。

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

コメント

Secret

ありがとうございました!

こんばんは。仁美です。
先日は、どうもありがとうございました。

どこから湧いてくるのか、愛の波動にやられまして、サンサーンスの白鳥で既にウルウル、市民メッセージ花火で一鳴き

続き

(すみません、間違って途中で投稿しちゃいました)

市民メッセージで一泣きした後は、温かい気持ちのまま、フィナーレ&アンコールまで満喫しました。

オンリーワンの意味がよくわかりました。

毎年観るのはもったいない気もするので、来年お邪魔するかはわかりませんが、必ず、また伺いますので、そのときはよろしくお願いします。

ありがとうございました!

お疲れ様でした~

>ひとみさん
おぅおぅ!ひとみさん、遠路はるばる大変にご苦労様でした~。
ウチの夫婦の「愛の波動」が届いてしまいましたか?(大笑)
そうですね、おっしゃる通り男鹿の花火のブレない、一貫したテーマは『愛』なのかも知れませんね。
隣の人に悟られないようにコッソリ涙をぬぐう、そんなオンリーワンの大会だと思います。

14時過ぎに到着して最初の一仕事はダッシュでした。
花火が始まるまでは機材のセットをいつしようかと悩み、そして時間差があってご招待した人たちが到着した事で落ち着きが出てきました。
こうしてたくさんの人と楽しくお話ができるのも男鹿だから。
ほんの10人20人といいながらも県外の人がこれだけ来てくれたらあとは自然に広まっていきます。
(すごい人が来てくれましたから、そして一番ご招待したかっか方も来てくれましたから あの方です)

花火の組み立てというかテーマは変わっても打上方はやはり変わっても、どんどん引きずり込まれていく花火作家の集中力と真心は変りません。

雄勝のリベンジできましたね@スギッチ
道川や新作コレクションでもおなじみのスギッチスターマイン。今度は大曲で。

おはようございます

>宮本さん
まさかあんなに走るとは!男鹿への想いの差でしょうか~^^
今回も私は、宮本さんの足元にも及ばないことを随所で実感しました。
ご招待したかった方がこられて本当によかったですね。
花火作家さんの集中力・真心、そして何より必死の執念を感じたように思います。

>ぼんぼらさん
えぇえぇ、もうスギッチは西馬音内盆踊りのように踊りまくっていましたよ。
煙で見てもらえなかった、これまでのウップンを晴らすかのように・・・。
来週の大曲での芸術系(の年?)を大期待させるような今年の男鹿でした。

はじめまして。

はじめまして。日本花子と申します。
「伝書鳩」さんのお名前はアチラコチラで拝見しておりました。ひさみつ@仙台さんからもチラッとお名前だけですがお聞きしました。

で、この花火大会は知りませんでした。
すごいですねぇ。この映像だけでも感激いたしました。
男鹿か・・・・遠いなぁ・・・・でもお盆中なんですね。
行けるかな。
来年、行けたら行きたい是非行きたい花火リストに追加いたします。

大曲でもしお逢いできましたらうれしいです。
席は、けんちゃまの近くです。ひさみつ@仙台さんからも遠くない所にいるはずです。(呑んだくれていなければ・・・・)

こんちわっす!

>花子さん
コメントありがとうございますです~。
こちらこそ、青年部ブログさまを筆頭にアチコチで花子さんのお名前は拝見してましたよw。
男鹿でも先般の大人の花火でも、ひさみつ氏とは近くで観覧してました。
さて、男鹿は想いと感動がギッシリつまった大会です。ぜひ、近いうちにいらして下さい!
来週の大曲ではけんちゃまのそばですか!!花火とともに彼のパワーも十分堪能して下さいませ♪

お世話になりました

伝書鳩さん、トコさん、宮本さん、ひとみさん、お世話になりました。
応援団長をはじめ、みなさまの言う通り、ONLY ON の、唯一の、今野ワールド全開の大会でした。
とっても暑いのも含め、とても熱い大会で、来年もぜひ参加せねばと思っておりますo(-- )
とりあえず、花子さん含め、来週の大曲で、よろしくお願いいたします。

こちらこそお世話様でした^^

>ひさみつさん
男鹿ではホントにお騒がせしてスイマセンでした~。
また他の大会とは一味違った今野さんの世界ですよね。
ぜひ、来年もいらして下さいまし♪
来週の大曲では一角に、「巨大花ホ軍団」が集結するんですね~。こちらこそお会いしましたらヨロシクです!

大曲以外にも秋田には良い花火大会がたくさんあるということが花火愛好家の方々に浸透してきていることを嬉しく感じます。

当然ながら大曲だけが花火大会ではなく、愛好家の方々には積極的に身近な花火大会の良さを見い出してほしいですね。

そうですね~

>ぼんぼらさん
花火大会の規模の大小にかかわらず、それぞれの大会のよさはありますからね。
私自身も、『お気に入り』の花火大会が増えることはシアワセなことですし。

燃え尽きないで

まだ花火大会は残っていると、気を持ち直していきます
最大のイベントの後に大曲が控えていますね

昨日は久しぶりに再開した花火大会に朝から行っていました。
今にも振りそうな空が続きましたがほとんど降らず
久しぶりに涼しい、もちろん楽しい待ち時間を過ごしました。
今日は寝だめに挑戦しましたが、さすがに暑かったです。

こんばんわ

>宮本さん
週末はいよいよ大曲ですね。各業者さんが今年はどんな表現をなさるのか、これまた楽しみです。
花火大会の開始前の待ち時間も、語らいありワクワクありである意味楽しい至福のひとときですね!
プロフィール

でんしょ&トコ(どっちも花火鑑賞士でした)

Author:でんしょ&トコ(どっちも花火鑑賞士でした)

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。